Please turn your device
-

ゲームHUD (ヘッドアップディスプレイ)

目の前を見るだけでは、戦闘で成功は収められません。自車輌や敵味方のチームの状態を把握し続けることも、勝利のための重要な要因です。

そのために利用できるゲームHUD (ヘッドアップディスプレイ)は、ゲームプレイ上で重要な役割を担っています。HUDには、戦闘画面上の全ての視覚情報が含まれます。ミニマップや自車輌のステータスボックスなどの要素は、全てHUDの一部です。

以下の項目は、HUDの主要部分です。

照準レティクル

ゲームモードバー

目標の情報

プレイヤー情報

HPバーおよび跳弾インジケーター

砲弾マーカー

消耗品マーカー

マップ

EXPトラッカー

戦績インジケーター

照準レティクル

顔面中央に位置する照準レティクルは、自車輌の主砲が照準を合わせている正確な場所を表示します。

 

その他にも重要な情報が表示されます。

  • 装填インジケーター
    弾薬の装填中には、サークル状の充填アニメーションがレティクルに置き換わり、主砲の射撃準備が整うまでの時間を伝えます。正確な時間も、サークルの下部に表示されます。
  • 弾倉のステータス
    弾倉式の武器を装備している場合、レティクルの左側にクリップ内の各弾を表す表示があります。これは現在弾倉に装填されている弾数が表示されています。

 

  • 貫通インジケーター

車輌を狙う場合、レティクルの色は現在の照準点での貫通確率によって変化します:

黄色=0%、オレンジ=50%、赤=100

ただし、これは空間装甲を考慮しておらず、中央の照準点が指す場所での貫通確率のみを表しています。

 

  • 散布界サークル

大きい円は散布界サークルです。このサークルは戦闘中に拡大・縮小し、リアルタイムの主砲の命中精度を反映します。このサークルの内側であれば、どこにでも弾が入るのでご注意ください。そのため、サークルが完全に縮小してから撃った方が命中精度が高くなります。散布の仕組みにより、ほとんどの弾はレティクルの中央付近に留まり、散布界サークルの端に行く弾はわずかです。

ゲームモードバー

画面上部のゲームモードバーは、プレイ中の戦闘に関する重要情報を表示します。

  • チーム編成 (各チームにおける各車輌タイプの車輌数)
  • 各チームにおける生存車輌の数と撃破車輌の数 (車輌アイコンの変化により表示)
  • 戦闘残り時間
  • 味方チームによる敵陣地占領の進行状況

目標の情報

目標の情報が画面右下隅に表示されます。ここには、現在狙っている敵車輌の情報が表示されます。

  • プレイヤー名
  • 使用している車輌名
  • 車輌タイプ
  • 車輌の現在HP
  • 車輌のモジュールと搭乗員の状態

 

目標の情報では、自車輌のレティクルが敵車輌にロックオンされているかも確認できます。ロックオンすると、目標の情報の上に自動ロックオンアイコンが表示されます。(敵をロックオンしていない場合には、自動ロックアイコンは表示されません。)

 

ゲームオプションでミニマップの位置を調整することで、目標の情報とミニマップの位置を入れ替えることができます。

プレイヤー情報

プレイヤー情報は画面左下に表示されます。目標の情報と同様に、所有する車輌に関する情報が表示されます。

  • 使用している車輌名
  • 車輌タイプ
  • 車輌の現在HP
  • 車輌のモジュールと搭乗員の状態
  • 現在の速度

 

プレイヤー情報では、自分の車輌が敵から狙われているかどうかも確認できます。敵に狙われると、プレイヤー情報の上にビックリマークが表示されます。

 

各ゲームモードでは、目標を見つけるために異なる発見・検知システムを使用します。(車長が第六感スキルを習得している場合、プレイヤー情報の上に電球のアイコンが表示され、自分が発見されたことを示します)。

第二次世界大戦モード:

  • 敵車輌は、自車輌または味方が発見するまで完全に透明状態となります。
  • 敵車輌を発見して画面上に表示するためには、自車輌の視認範囲と敵車輌の隠蔽性とを比較し、視認範囲が隠蔽性を上回る距離まで接近する必要があります。
  • 発見した敵は、自車輌から最大564 mまでの距離でしか視認できません。それ以上先にいる場合は、敵車輌が発見されていたとしても画面には表示されなくなります。
  • 以上が、このゲームの自動観測システムです。

冷戦モード:

  • 敵車輌は常時観測できます。
  • 戦場にいる敵車輌は、距離に関係なく自分自身で手動観測することが可能です。
  • 第二次世界大戦モードの項目で説明した、手動観測していなくても十分に接近した敵車輌を表示する自動観測システムは、冷戦モードにも存在します。
  • この観測システムは、車輌の手動観測とゲーム上で処理される自動観測システムを組み合わせたものです。

HPバーおよび跳弾インジケーター

戦闘時には、戦場の他の車輌の上部でHPバーを確認できます。HPバーは、画面上の味方車輌および発見した敵車輌の上部に表示されます。HPバーは、その車輌が撃破されるまでの残りHPを表します。

 

さらに、敵車輌を射撃すると、その車輌のHPバーの隣に跳弾インジケーターが表示されます。

跳弾インジケーターは、自車輌の射撃が敵車輌の装甲で弾かれたか、空間装甲でブロックされたことを表します。狙いを調整して、再度射撃しましょう!

 

砲弾マーカー

砲弾マーカーは画面中央下に表示されています。表示内容は以下の通りです。

  • 現在装填中の砲弾の種類
  • 現在装填中の砲弾の残り弾数
  • 自車輌が装備しているその他の砲弾の種類

 

砲弾を装填中には、装填状態を伝える充填アニメーションが表示されます。

複数の種類の砲弾を自車輌に装備している場合、各タイプのマーカー上に表示された対応ボタンを押すことで、砲弾を切り替えることができます。

複数の武器や砲塔を装備している場合、表示された対応ボタンを長押しすることで切り替えることができます。

消耗品マーカー

消耗品マーカーは、画面下部の砲弾マーカーの右に表示されています。ここには、自車輌が現在装備する全ての消耗品と、各消耗品の使用ボタンが表示されます。

再使用可能なプレミアム消耗品を装備している場合、使用後のアイコン上にクールダウンタイマーが表示され、再使用できるまでの残り時間を確認できます。使用可能になると、アイコンが明るくなります。

 

マップ

HUDの左上には小さなマップがあり、戦闘中もこのマップを開いて方向を確認できます。

ミニマップには、丸型のマップ正方形型のマップの2種類があります。

丸型のマップは自分の周囲に限定した円形の地図です。カメラの向きに合わせて回転します。状況を把握し、目の前の敵に集中することができます。

 

正方形型のマップとは、その名の通り戦場の全画面マップを正方形に縮小したものです。拡張パーツ消耗品迷彩弾薬車長スキルなど車輌に関する情報を丸型のマップよりも詳細に表示します。

  • 主砲角度:車輌の主砲を追尾し、現在の主砲の向きと装填されている弾の射程距離を表示します。
  • 視認範囲:円錐で表示され、プレイヤーの視野角と範囲を示し、カメラによってコントロールされます。
  • 発見可能範囲:車輌の視認性に基づき、この範囲内にいる敵には自車輌を発見される恐れがあります。
  • 50メートル自動検出サークル:この検出サークル内にいる敵を自動的に発見します。

 

初期設定では、HUDに正方形型のマップが表示されます。セレクトボタン(Xbox)またはタッチスクリーンボタン(PlayStation)を押しながら、ゲームオプションで初期設定のミニマップを変更したり、戦闘中に切り替えたりすることが可能です。

ゲームオプションでは、ミニマップの位置を左上から右下に変更することができます。

EXPトラッカー

画面右上にEXPトラッカーが表示されます。EXPを獲得するアクションが行われると、EXPトラッカーはその情報を表示し、戦闘中に獲得したEXPの集計を更新し続けます。

 

注: ボーナスやチーム戦績など、戦闘パフォーマンス以外でEXPを授与する項目は、戦闘後に戦闘結果画面 (PBRS) に表示される最終EXPで計上されます。

戦績インジケーター

戦績インジケーターは、ゲーム中のダメージを計測し、戦闘中に与えた総ダメージを集計します。この情報は、EXPトラッカーのさらに右上に表示されます。

ゲームオプションで戦績インジケーターをオンにすることで、ブロックやアシストしたダメージの集計を追加することができます。

 

ゲームガイドのメインページに戻る

?>