「目指せ」イベントでソ連Tier Xを目指せ!おすすめソ連TierX戦車はこれだ!
ニュース / コミュニティ

「目指せ」イベントでソ連Tier Xを目指せ!おすすめソ連TierX戦車はこれだ!

11月 19, 2020
今週はソ連のTier Xを作ろう!

 

 

ソ連戦車乗りに朗報!今週はソ連戦車がすべてセール価格&EXPボーナス!

今週末はTier Xランク戦も開催!というわけで今週はソ連のTier Xを作ろう!

 

イベントを記念し、「とは言ってもソ連戦車多すぎてわからん!どれがいいんだ!全部同じに見える!」と言う人のために、おすすめ戦車をピックアップ!

特徴、長所/短所、おすすめ戦い方を見ていきます!

 

最高のソ連Tier X車輌でランク戦に殴り込め!ソ連おすすめ戦車はこれだ!

 

エントリーナンバー1:「Object 260 mod. 1945」!

エントリーナンバー2:「Object 279 Early」!

エントリーナンバー3:「IS-7」!

エントリーナンバー4:「Object277」!

エントリーナンバー5:「Object 277」!

エントリーナンバー6:「Object 705A」!

 

 

エントリーナンバー1:Object 260 mod. 1945

あらゆる局面に対応できる、器用型ソ連TierX重戦車。戦況に応じて、敵車両の攻撃を抑えたり、こちらから押したりすることができる。スピードにより、中戦車グループの一員として行動したり、敵陣営の後方から突破したりすることもできます。

長所

・砲塔装甲は350mmで、ほぼ鉄壁。

・最高速度時速60kmで、動きが軽い。

 

短所

・とても弱い前頭下部。この位置を敵から隠して戦おう!

・砲塔装甲は強いですが、車体装甲は150mmと控えめ。車体に攻撃を受けない方がいいでしょう!

・前進スピードは速いが、履帯旋回はそこそこ。方向転換をあまりしないようにしよう!

 

 

おすすめバトルスタイル

車体を晒さず、砲塔だけを出して戦おう。平均貫通力(223)の砲で、落ち着いて相手の装甲の薄いところを撃つべし!

 

Object 260 mod. 1945のフルスペックはこちら

 

 

エントリーナンバー2:Object 279 Early

履帯が4つある化け物でお馴染み。

見た目がユニークという点では断トツの1位!しかしもちろん、このユニークな外観ではなく、強いからこの戦車は愛されています!

長所

・履帯が4つあることで、ほとんどの戦車の弱点となる通称「車体下部」(車体正面下部、2本の履帯の間のスペースのこと)がありません。

・強固な砲塔(330 mm)は、ゲーム内の戦車の99%からの砲撃を受け止めることができます!

・下部装甲板がないため、生存率が高い

・装甲の角度がよく、より敵の弾が跳弾するようになっています。

 

しかしObject279でさえも無敵ではありません。弱点はここだ!

弱点

・砲が比較的弱い。1分あたりの平均ダメージは2100を超えず、1発あたりのダメージはわずか440ダメージ。

・照準時間と精度については特筆すべきところがない。

・俯角・仰角はわずか-5度 / +15度。

 

おすすめバトルスタイル

欠点をカバーし、長所を最大限生かすためには、最前線に向かい、敵の最前線の攻撃を受け止めましょう。敵の攻撃を食い止めている間、味方の車両が側面から火力支援してくれるのを待ち、味方と一緒に最前線を崩そう!

Object 279 Earlyのフルスペックはこちら

 

 

エントリーナンバー3:「IS-7」

言わずと知れた伝説の「IS-7」。最も人気のあるTierX重戦車!
ロシア語名がヨシフ・スターリンのイニシャルと同じであることでもお馴染み。

長所

・一発のダメージが比較的大きい(490ダメージ)

・良好な貫通(250/303 mm)

・重戦車としては良好な最高速度。(時速59キロ)中戦車くらい早い。

 

短所

非常に長いリロード時間。(装填時間13.7秒)

低い精度。(0.4m)

 

おすすめバトルスタイル

高い防御力で、敵の攻撃を耐えきった後、近距離から射撃するのがおすすめ。精度が低いため、照準が絞り切られてから撃とう!

IS-7フルスペックはこちら

 

 

エントリーナンバー4:「IS-4」

「IS-7」の兄弟。似ているところと似ていないところがある。

 

長所

IS-7に比べると、砲精度はより良い。
IS-7に比べると、HPはより高い。
IS-7に比べると、側面装甲がパワーアップしている。

 

短所

・IS-7に比べると、IS-4は正面の装甲が弱く、戦車自体が遅い。

 

おすすめバトルスタイル

車体前面の装甲が弱いので、敵の主力パワー戦車と正面からぶつかり合うことはおすすめしません。敵から距離を保ち、前面装甲をできるだけ隠しましょう!いくらでも弾を受けられそうなIS-7に比べて、IS-4に乗るときはもう少し慎重さが必要です。

攻撃面では、良い貫通力により、貫通できる場面が多いはずです。ダメージを与える頻度が高くなるので、良い最終ダメージの記録を残せそうです!前面を隠しながら、敵の装甲を貫通させてダメージを稼ごう!

IS-4フルスペックはこちら

 

 

 

エントリーナンバー4:「Object277」!

玄人向け、ソ連重戦車としては珍しいスタイル!

長所

・良好な1発でのダメージ。(490ダメージ)

・非常に高い装甲貫通力(265/340 mm)

・最高速度。(時速55km)

・エンジンの出力。(16.27hp)

 

短所

・車体の装甲。わずか140 / 112mmであり、Tier X重戦車としては弱い。

・砲塔の装甲は十分と言えます(290/224 mm)が、-6度の俯角では、砲塔だけを出す戦い方(通称「ハルダウン」)は自由にはできません。

 

おすすめバトルスタイル

動きが軽いため、ポジションをすばやく変更できるだけでなく、スピードを生かして、一番最初に攻撃し始めることができます。自分が紙装甲であることを忘れずに、敵からの砲撃を受けないように、常に隠れながら動こう!

Object 277 フルスペックはこちら

 

エントリーナンバー6:「Object 705A」!

ソ連Tier X重戦車の中でも最も問題児!?

 

長所

・最高の1発でのダメージ(650ダメージ)
・砲塔装甲(330 mm)

 

弱点

・激遅いリロード時間(なんと18.1秒!)により、1分で3発しか撃てないという砲性能。これぞ、ソ連戦車!

・さらに精度は0.44です。100メートル以上離れた敵と撃ち合うことは全くお勧めしません。
・ソ連重戦車らしく、俯角・仰角は良いとは言えず、俯角 -5度で、仰角は 20度です。つまり、砲を下に傾けることはほどんどできないため、傾斜のあるマップではほぼ活躍できないと言っていいでしょう。705Aに乗っているときに、一番会いたくないのは、俯角が優秀なアメリカ戦車です。マップの平らな箇所を選んで進みましょう!

 

おすすめバトルスタイル

最前線を張り、その強力な砲でダメージを与える攻撃スタイルがおすすめです。撃ち、撃ち終わったら下がり、リロードが終わるまで遮蔽物や壁などに隠れ、リロードが終わったら砲を出し、撃ちましょう。この戦車にには他の有効な戦術はありません。

優秀な装甲がある砲塔に加えて、Object705Aは優れた車体装甲を備えています。側面装甲もよい方です。敵の攻撃を防ぎ、味方の盾となれ!

 

Object 705 A フルスペックはこちら