Please turn your device
-
ニュース / イベント

モンスター車輌物語: 最新版

10月 21, 2021

戦車長の皆さん、肌寒い季節になってきましたね!戦場にも身の毛のよだつハロウィーンが再登場します。恐ろしくも楽しい様々なイベントをお楽しみください!

もう少し詳しく説明しましょう。今年の1026日から111の期間に、モンスターハンターOpで獲得するかショップで購入したモンスター車輌が、モンスターの目覚めモードでデッド シティマップを舞台に秘められた力を解放します!

各車輌はそれぞれ独自に覚醒時の能力を持っています。この能力は今年のハロウィーンの「モンスターの目覚め」モード限定で使用できます。そして今年も、新しいモンスター車輌が登場し、狂暴な力を解放します。このThe Creature (ザ・クリーチャー) にご注目ください!

以下をチェックして、各モンスター車輌の詳細やその秘められた力を確認しましょう。


2015

The Spectre (スペクター)

Tier: VI

国籍: ソ連

車輌タイプ: 中戦車

背景情報

毎年ハロウィーンが来ると、Spectreは死せる都市デッドシティの中を彷徨うために出現します。この車輌は戦闘で失われた全ての戦車が合体した亡霊であり、永遠に戦い続ける運命にあるといいます。その搭乗員は全てを戦いに捧げた亡霊のスケルトンであり、常に闘争を求めています。

毎年、精霊の世界への扉が開くわずかな期間には、誰でもSpectreを操縦できます。恐ろしい抱擁で全ての戦車兵を歓迎するこの車輌は、ほとんど宙に浮くようにして不気味に素早く動き、恐るべき速さで霊体弾を発射します!


2016

Lycan (ライカン) T71

Tier: VII

国籍: アメリカ

車輌タイプ: 軽戦車

背景情報:

揺動式砲塔を備えた実験的な空挺軽戦車の「人狼」バージョンです。T71は1952~1953年にM41の代替車輌として開発されました。兵装が非効率的だと見なされたために、開発は中止されました。1種類のモックアップのみが製造されました。

覚醒した力:
Lycan T71が砲弾を装填し終わると、人狼モードに変身します。速力、操作性、射撃速度、精度が大幅に強化され、更に無敵状態となります!

Lycan T71は弾倉が空になると通常状態に戻りボーナスが失われます。この点に気をつけて計画的に戦いましょう!


Revenant (レヴァナント) Kraft’s Panther

Tier: VII

国籍: ドイツ

車輌タイプ: 中戦車

背景情報:

一度は撃破されたRevenant Kraft’s Pantherが、戦場に恐怖をもたらすために墓地から蘇りました!有名なパンター戦車は、1943年1月~1945年4月の期間に、計5,796輌が製造されました。この他に、F型車台を使用した8輌が製造されました。

覚醒した力:
 獲物を欺く手段として、移動していない時のRevenant Kraft’s Pantherは撃破された車輌のように偽装するため、発見されても位置が表示されません。朽ち果てた戦場の周囲に散乱した無数の戦車の残骸の中に容易に身を隠せるでしょう。

動きは遅いかもしれませんが、追跡することはほとんど不可能です。この蘇った戦車には他に何を望めるでしょうか?


Gorynych (ゴルイニチ) KV-5

Tier: VIII

国籍: ソ連

車輌タイプ: 重戦車

背景情報:

この古龍は敵を心底まで恐怖で震え上がらせます。KV-5の開発は1941年6月に開始し、8月には設計の改良が完了しました。本計画は、レニングラード包囲戦のために中止されました。

覚醒した力:
その名の由来である神話上のドラゴンと同様に、Gorynych KV-5のブレスは激しい破壊をもたらします。火炎の息で近くの車輌を燃え上がらせるだけでなく、HE弾同様のダメージを与える強力な火の玉を発射することも可能です。

Gorynych KV-5を更に強力にしているのが、時間と共に少しずつHPが回復する再生能力です!


Kaiju (カイジュー) O-I

Tier: VI

国籍: 日本

車輌タイプ: 重戦車

背景情報:

巨大トカゲのようなこの戦車は、そのサイズで周囲を圧倒します!超大型のオイ車の開発は、1939年のノモンハン事件後に開始されました。移動可能な火力ユニットとして設計されたこの車輌は、前例のない大きさを有し、車体だけでその重量は100 tに達しました。砲塔部分を除いた金属製の試作車輌が1輌のみ製造されました。エンジンの信頼性不足が判明したために試験は中止され、この試作車輌は1944年末に解体されました。組立後のこの戦車には、15 cm榴弾砲を搭載予定でした。

覚醒した力:
真の大怪獣の形態になると、Kaiju O-Iは光速の電気弾を放ち、不用意に接近した車輌に放射線ブレスで大ダメージを与えます。

防御に関しては高速でモジュールを修復する能力に加えて、砲撃ダメージを無効化できます!


2017

Dragon (ドラゴン) Type 62

Tier: VII

国籍: 中国

車輌タイプ: 軽戦車

背景情報:

太古のドラゴンが神域から復活し、再び参戦します。Type 62軽戦車は中国が独自に設計した最初の戦車です。1958年より開発されたこの戦車は中国南部地域での運用が想定されました。1962年には、試験を経て配備が開始されました。1989年までに合計1500輌が生産されました。Type 62はアルバニア、コンゴ、マリ、スーダン、ベトナム、ザイールに輸出されています。

覚醒した力:
Dragon Type 62は精霊の門を使用してマップ各地をテレポートする特殊能力を持っています。この龍は専用の門を利用して、敵の追撃から逃れたり逆に奇襲をかけたりすることが可能です!


Höllenhund (ハレンホント) leKpz M 41 90 mm

Tier: VIII

国籍: ドイツ

車輌タイプ: 軽戦車

背景情報:

leKpz M 41 90 mmはアメリカのM41A1 Walker Bulldog軽戦車のドイツ版です。元々は76 mm M32砲を搭載していましたが、口径は90 mmへと拡大され、砲身長は425 mmに短縮されました。

覚醒した力:
覚醒したHöllenhund leKpz M 41 90 mmはHPを失うにつれて、威力が増加します。ダメージを受ける度に装填時間、照準時間、操作性の全てが劇的に強化され、一層危険で注意が必要な猛獣へと進化していきます!


2018

Bog Horror (ボーグホラー)

Tier: VIII

国籍: アメリカ

車輌タイプ: 重戦車

背景情報:

沼で生まれ育った獣が、深淵から這い上がってきました。M6A2E1はT1およびM6重戦車の改良型です。1944年8月に開発されたこの車輌は、大型の砲塔と105 mm砲を搭載しています。大量生産は行われませんでした。

覚醒した力:
大量破壊を好むこの水陸両用車輌の砲撃は、3秒間履帯を稼働不能にして敵を足止めします。

さらに、Bog Horrorは巨大な車体を利用して敵を威圧するだけでなく、 障害物を超えて砲撃したり、他の車輌では不可能な戦場の要所を活用できます!


Wraith (レイス) Panzer 58

Tier: VIII

国籍: ドイツ

車輌タイプ: 中戦車

背景情報:

新たな餌を求めて戦場を忍び歩く恐るべき影が出現しました。Panzer 58は強化された戦闘性能および山岳地での戦闘能力を備えた中戦車を製造するスイスの計画として1953年に開発されました。この計画では、イギリスのCenturion戦車の主砲が必要とされました。合計で2輌の試作車輌と10輌の車輌が生産されましたが、大量生産には至りませんでした。

覚醒した力:
Wraith Panzer 58は生命力を吸い取る恐るべき能力を持っています。敵にダメージを与える度にその車輌のHPを吸収して同量だけ回復できます。すなわち、ダメージ量と回復量の比率は1:1です。Wraithと対峙する車輌は大苦戦を強いられるでしょう!


2019

Inferno Chimera (インフェルノ キマイラ)

Tier: VIII

国籍: イギリス

車輌タイプ: 中戦車

背景情報:

恐怖の夜が再び到来し、堅牢な猛獣が目を覚ましました。Chimeraはソ連のIS-3に対抗すべく設計されたイギリスの重戦車計画です。特殊な改良が施されドイツの戦車製造技術も適用しましたが、本計画は中断され青写真のみに留まりました。

覚醒した力:
3つの命を持つInferno Chimeraは合計3回リスポーンでき、それぞれが固有の能力を持っています!

  • 第1の命: ヤギ (紫)
    • 素早い修理と高い体当たりダメージ。
  • 第2の命: ヘビ (青緑)
    • エンジン出力、砲塔旋回、隠蔽能力の劇的な上昇。
  • 第3の命: ライオン (薄紫)
    • 恐るべき貫通能力と短い装填時間。

Bellerophon (ベレロポーン) Centurion Mk. 5/1 RAAC

Tier: VIII

国籍: イギリス

車輌タイプ: 中戦車

背景情報:

宿敵キマイラの復活によって、古代ギリシャの英雄の闘争心に再び火がともりました。Centurion Mk. 5/1 RAACは、戦後のイギリス戦車Centurion Mk. 5の派生型であり、強化された正面装甲、機関銃、そしてより強力なエンジンを搭載しています。この車輌は後部に100ガロンの防護燃料タンクを搭載する一方、スクリーンは備えていません。ベトナム戦争ではオーストラリアの戦車部隊で運用されました。

覚醒した力:
神話で最大級の英雄かつ狩人の1人に因むBellerophon Centurion Mk. 5/1 RAACは3種類の強力な砲弾を使い分けます。

  • Impaler (通常弾): 敵に命中するとダメージを与える槍。
  • Force Push (フォース弾): 敵に命中すると突き刺さって遠くに飛ばす槍。
  • Skewer Pull (プル弾): 敵に命中すると突き刺さってこちらに引き寄せる槍。

2020

Fangula™ AE Phase 1

Tier: IX

国籍: アメリカ

車輌タイプ: 重戦車

プレイ可能ですが、現在購入や獲得することはできません

背景情報:

AE Phase 1は1951年に開発されました。四装軌車輌の利点は、2条の履帯が損傷しても移動が可能であることに加えて、直径のより大きな砲塔リングを搭載できることです。本計画を研究した後、技術者連合 (株) は車輌の両側にそれぞれ1基の履帯駆動システムを搭載した第2案を開発するように依頼されました。この車輌は実現には至りませんでした。

覚醒した力:
Fangula™ AE Phase 1は様々な方法で敵を撃破できます。この車輌は、クリムゾン・ファング (AP弾) とボイリング・バースタ (HE弾) の2種類の砲弾を装填できます。

しかし、決して忘れられない方法で敵に止めを刺すには?ハンドブレーキを押して高くジャンプし、敵を踏み潰しましょう!


Dread Dozer M48A2 Räumpanzer

Tier: VIII

国籍: ドイツ

車輌タイプ: 中戦車

プレイ可能ですが、現在購入や獲得することはできません

背景情報:

戦後のアメリカ中戦車M48に基づいて開発された工作車輌の先行車輌です。M48A1の排土板を装備したこの車輌は、ドイツ連邦軍の工兵部隊で使用され、主砲を取り外して1990年代末期まで地方部隊で運用されました。ドイツ連邦軍での実稼働数は合計53輌です。

覚醒した力:
恐るべき排土板にご注意ください!Dread Dozerの排土板で敵に体当たりし、空中に吹き飛ばしましょう!

Dread Dozerは固有の砲弾であるトクシック・スパイク (AP弾) やムック・ボム (HE弾) を発射して、より古典的な方法で敵を仕留めることも可能です!


2021

The Creature

Tier: VII

国籍: ドイツ

車輌タイプ: 駆逐戦車

背景情報:
ドイツのインゴルシュタットにある小さな研究所で製造されたThe Creature (ザ・クリーチャー) は、Strumpanzer系統の車輌から廃棄された部品が融合した悪魔的な存在です。ある運命の夜に稲妻を受けたことで、エンジンに魂が宿りました。その後、この車輌の創造者は謎の失踪を遂げ、後には相棒となる戦車兵を探して世界を彷徨うこの不気味な生命体のみが残されたのです。

覚醒した力:
The Creatureの覚醒により、進路上の敵を攻撃するための稲妻を呼び出せる超自然の拡張パーツが利用可能になります。この能力を使用するには、マップ上のある地点にザ・クリーチャーの主砲の照準を合わせ、十字キ―の「下」を押して激しい破壊の嵐を観察しましょう!


HOT WHEELS™、その関連商標およびトレードドレスはMattel社が所有するものであり、同社のライセンスの下で使用されています。©2021 Mattel.