ホーム

拡張パーツの使い方

タンカーの皆さん!

車両を選んだら、好きな拡張パーツを選びましょう。
拡張パーツを使うと、戦場での車両パフォーマンスを向上させることができます。

拡張パーツを選ぶためには、効果を知ることが重要です。
車両の特性に合った拡張パーツを選ぶことは、最大限に戦場で活躍するために非常に重要なポイントとなります。

今回は、車両の種類に合わせた拡張パーツの使い方に焦点を置きます。
これらの紹介は車両の特性を生かすために役立つでしょう。

どの拡張パーツが有効なのか

 

軽戦車

軽戦車は戦場で無数の役割を担います。
低Tierの軽戦車は低Tier戦場でアグレッシブに動き、高Tierの軽戦車は高Tier戦場でサポートや偵察の役割が重要となります。

低Tierの軽戦車は一般的にダメージソースを増やす拡張パーツを使用します:

  • 弾薬の装填棒は車両の1分間当たりのダメージを増加させます。
  • 改良型射撃装置は標的に砲撃を命中させるのに役立ちます。
  • 改良型換気装置は装填時間や照準時間を減少させます。

高Tierの軽戦車は機動力が必要となり、チームメンバーに情報を伝えます:

  • 改良型サスペンションはサスペンションは覆帯がダメージを受ける機会を減らします。
  • 改良型喚起装置は加速や旋回性能を増加させます。
  • 工具箱は破壊された覆帯を修復する速度を速くします。
  • レンズ皮膜は視認範囲を増加させ、より遠方までスカウトできるようになります。

中戦車

中戦車は敵の側面をとったり、敵の側面や背面を攻撃する能力に優れています。
戦闘開始後、ある程度経過するまでは基本的に脇役となります。
中戦車は機動力を活かして、敵の戦線の弱点を狙うことができます。

中戦車には次の拡張パーツを搭載すると良いかもしれません:

  • 改良型サスペンションは最大積載量を増やし、車両を動けるようにします。
  • 弾薬の装填棒は敵の側面に砲撃を与える機会を増やします。
  • レンズ皮膜は常に視認範囲を広げるのに役立ちします。
  • 改良型換気装置は戦場での機動力を増加させます。
  • 湿式弾薬庫は潜在ダメージから弾薬庫をを守ります。
  • 砲垂直安定装置は移動中の命中精度を上昇させます。

重戦車

重戦車は前線に立つ車両です。重戦車をサポートする車両は重戦車の側面や背後を守りつつ、重戦車は頑丈な装甲と強力な主砲を使用します。

重戦車には次の拡張パーツを搭載すると良いかもしれません:

  • 内張り装甲は自走砲の砲撃のスプラッシュダメージの被害を最小限にします。
  • 弾薬の装填棒は装填時間を減少させます。
  • 改良型射撃装置と砲垂直安定装置は敵を素早く狙うことができるようになります。
  • CO2 充填式燃料タンクは火災発生を低下させます。

駆逐戦車

駆逐戦車は敵にダメージを与え、安全に隠れることができます。敵から隠れた状態で敵を攻撃することは一番良い状況です。

  • 迷彩ネットは発見される機会を低下させます。
  • 双眼鏡は視認範囲を拡張し、敵を見ることができます。
  • 弾薬の装填棒は与ダメージの合計量を増やします。
  • 改良型射撃装置は照準時間を早くします。

自走砲

自走砲は相対的に安全なマップの位置から大きなダメージを与えることができます。

  • 改良型射撃装置はレティクルを絞る速度を向上します。
  • 弾薬の装填棒は自走砲の照準時間を減少させます。
  • 迷彩ネットは敵のスカウトから身を隠すのに役立ちます。