ホーム

プレイ方法: 軽戦車

戦車長の諸君!

タンカーの皆さんは皆一度は軽戦車に一度は乗りますが、多くのプレイヤーはより大きくパワフルな車両へそのうち移って いきます。しかし、軽戦車も使い方を覚えれば他の車両への足掛かりではなくそれ自体がが有用な車両だとわかると思います。World of Tanks の他の車両と同様軽戦車でプレイするのは地形をうまく利用することからはじまります。

軽戦車は Tier I の戦場では多く見かけます。ここで軽戦車の基本を身につけると良いでしょう。Tier を上がっていくに連れて他の様々な種類の車両が増えていきますが、軽戦車にはより細やかな動きが求められていきます。他の車両とくらべて軽戦車は多くのこ とを気にしながら行動しなければなりません。何発かの砲撃に耐えられる重戦車とは違い、一つ間違えば一撃で撃破されてしまいます。軽戦車は戦場のダンサー のように華奢ながら激戦の中を機敏に動きまわります。


機動性を利用して足の遅い相手を翻弄しよう

軽戦車のプレイ方法

偵察

偵察 を しましょう!軽戦車にもっともよく求められる役割が敵を発見し、その位置を無線で味方に報告することです。厳密に言えば偵察自体はゲーム内のどの車両でも できますが、車体の小ささと機動性の面で軽戦車はアドバンテージを持っています。視界が良い車両も多く、発見されにくいので障害物の後ろでの偵察にもって こいの車両です。

しかし、上記の通り軽戦車はもろく、攻撃を受けてしまうとあまり長く持ちません。理論上は丘などの上から戦場を見渡せば広い位置を偵察できるのですが、茂みなどにうまく隠れていなければ発見されすぐにやられてしまう危険性があります。

後方の車両を攻撃

で は、偵察するときは主砲は役に立たないのでしょうか。それは時と場合によるでしょう。隠れている時に発砲してしまうと位置がバレてしまうことが多いです が、軽戦車は完全に無防備というわけではありません。軽戦車を研究するときは主砲も含むすべてのパーツに注目してください。主砲を使うこともあるからで す。

隠密行動できる軽戦車が敵を偵察できる場所はすべてのマップに少なくとも1、2ヶ所あります。多くの場合軽戦車は遠回りして敵の陣地の方へ向かい、少しずつ前進して自走砲や駆逐戦車に奇襲を仕掛けます。(自走砲や駆逐戦車の位置には目を光らせておいてください。)

多くのマップでは戦闘がよく発生する位置に近い障害物や戦場を見渡せる丘のように偵察がよく使うルートが有ります。 戦闘開始時 に味方の行動を見て戦術もそれに応じて変えていきましょう。

撤退作戦

. 戦場では毎回自分のチームが優勢ということはありません。時には自分が偵察している地点に敵が攻め込んでくることがあります。軽戦車乗りは常に神経をとが らせていなければなりませんが、そのスリルが好きだからこそ皆さんは軽戦車に乗っているのでしょう。以下の方法でリスクを減らすことができます。

ま ず周りの状況や地形を理解していることが重要です。自分がいる場所だけでなく、周囲の状況を広く知っていることが重要です。必ず自分の後ろに逃げる場所を 確保し、その地点との間に行く手を妨げる障害物などが無いかどうかを知っていることが重要です。また、崖には気をつけましょう。

また戦車の操縦wも重要です。速く動くことが出来る車両はそれだけ移動中に素早く物事を判断しなければなりません。ここでもまた周囲の状況をよく把握することが重要になってきます。例えば車体を斜めにして丘を駆け下りることで素早く逃げれる地点などの把握です。

動きまわることが多い軽戦車乗りはクルーズコントロール (デフォルトボタン: ) をもっとも有効に活用できる車種でもあります。この機能を使うことで車両はそのまま真っすぐ進み続けますが、カメラを切り替えて周囲を見渡したり自分を撃ってきた敵の様子を確認することができます。(クルーズコントロールはバックしている時にも使えます。)

陣地占領

ま た、軽戦車は陣地を占領するときにも活躍します。敵がチームメイトと交戦している間にそのスピードを利用して陣地に飛び込んでみましょう。もう一人味方を 連れてきてもいいでしょう。実際に占領ができなくても占領のサイレンを鳴らすだけでも敵にプレッシャーを与えることができます。逆に自陣が占領されている 時も、軽戦車は自陣に急行して陣地占領を防ぐ役割に向いています。

軽きこと羽毛の如し

軽戦車には他の車両では味わえない楽しみがあります。こっそりと敵を偵察して味方の支援をすることや、戦場を駆け巡り敵を撹乱するなど、火力を少し犠牲にして常に戦いのまっただ中にいたいと思う方は軽戦車を試してみると良いでしょう。