ホーム

自走砲のプレイ方法

自走砲は"SPG(self-propelled gun)"や"arty"と呼ばれ、車両のクラスとしばしば誤解されます。自走砲をプレイすることは忍耐と練習が必要です。この車種をプレイする時はHP は低く、装甲は薄いです。また、リロードや加速、車体旋回速度も遅いです。このことを念頭に置いて、強力な主砲やマップの遠方から狙えるという強みを生かさなければなりません。このページでは強力なサポート車種である自走砲をプレイする方法をご紹介します!

基本的な知識

自走砲は接近戦に巻き込まれないように戦場では動き、身を隠して離れた距離から目標を狙いましょう。

まずは障害物がない良い場所を見つけましょう。マップの隅は最も一般的なスポットです。あなたにとってベストな働きができる場所を見つけるにはマップごとに 異なる場所を試してみる必要があるでしょう。茂みや岩、遮蔽物のない高台などを探しましょう。自走砲は防御性能はないので、敵に対して直線上に狙われない ようにすることが重要です。

World of Tanks では開始直後に自走砲を狙うことは他の車両を狙うことと全く異なります。自走砲モードに切り替えるには、LTキーを押してください。初期設定で は、自走砲モードを維持するにはトリガーをホールドしなければなりません。設定メニューで、ホールドしたままにする必要がないように、LTキーのオン/オ フを選択することができます。

次は狙ってみましょう。緑色のラインはターゲットまでの経路に障害物がないことを示し、赤色のラインは途中に何か障害物があることを示します。白いラインは射程範囲外であることを意味します。

ター ゲット周辺の緑色の楕円のサークルを見てください。この楕円は広い状態から始まり、徐々に小さくなり、ターゲットに照準が合います。このサークルは着弾可 能地点を示します。サークル内に敵が見えない場合は、たとえラインが緑色であっても、ターゲットに命中させることができません。

砲撃前により小さなドットにすると、より命中する確率が上昇します。我慢しましょう!無駄な弾薬を使い、リロード時間を待つよりは命中精度を高めるために数秒待った方が良いでしょう。

また、車体をロックすると命中精度が上昇します。車体をロックするには左の方向パッドを押してください。再度押すとロックが解除されます。砲撃後、次のターゲットを狙おうとする時に車体のロックを解除することを忘れないでください。

役立つ情報

基本的な知識はご紹介しました。ここでは、さらに自走砲について念頭にいれておくべきTipsを紹介します。

  • 敵車両が接近してきた時、自走砲モードから通常視点に切り替えて、直接ターゲットを狙いましょう。敵を対処したらすぐに、別の場所に移動し、敵チームの自走砲からの攻撃を避けるようにしましょう。
  • 自走砲の榴弾にはスプラッシュダメージがあります。味方の1両が敵車両の近くにいるときに砲撃すると、チームメンバーにダメージを与える危険性があります。砲撃する場合は味方車両の位置を気にしましょう。
  • 自 走砲の装填時間は本当に長いです。ターゲットを上手く狙えない場合やターゲットが遮蔽物でほとんど遮られて当たる確率が低い場合は無理して砲撃をするのは やめましょう。遮られたターゲットを砲撃すると、装填している間に狙いやすくなったターゲットを砲撃するチャンスを逃してしまう可能性があります。
  • 自走砲で攻撃すると着弾までに2秒以上かかります。ターゲットが動いている場合、着弾までの時間を計算して狙わなければならないでしょう。このディレイに慣れるにはある程度の練習が必要となりますが、最初のうちは移動中のターゲットに当たらなくても諦めないでください。
  • 戦闘開始時には多数のターゲットがいることでしょう。まず、停止しているターゲットや最も移動が遅いターゲットを狙いましょう。 停止しているターゲットが複数いる場合は、自走砲、その後に駆逐戦車、重戦車、それから中戦車、軽戦車というように優先順位を付けましょう。
  • 自走砲モードではレーダーに映らない敵車両の動きに注意しましょう。たとえ砲撃できない場合でも、木々が倒れる様子や壊れる建造物、砲撃時のマズルフラッシュを見ることができます。マップの様子を注視して、敵が見えなくても居場所を把握することはとても面白いです!
  • 自走砲には全てにおいて忍耐が必要です。ターゲットを発見するまで時間をかけ、ターゲットを正確に狙えるように照準を待ってから砲撃をしましょう!